前立腺がんは罹患率が高いのに生存率が高い?

前立腺がんは罹患率の高いものの生存率は比較的高いがんです。日本において前立腺がんの罹患率は、胃がん、肺がん、大腸に次いで第4位で、死亡率は男性人口10万人あたり18.9人です。死亡率が肺がんでは86人、胃がんでは51人、大腸がんでは42人、この数字に比べると死亡率の低いがんと分かるでしょう。

 

生存率は高いものの、なるべく早期発見するためにどのような初期症状が出たら疑うべきなのでしょうか。ここでは早期発見のための参考になる情報をご紹介します。

 

前立腺がんとは

前立腺とは膀胱の下にあり、尿道を取り囲む男性だけが持つ臓器です。

 

 

前立腺がんは50歳代の男性が発症するがんです。50歳を超える頃から急速に増えるがんで、発生の平均年齢は70歳です。多くの場合前立腺がんは尿道や膀胱から離れた場所に発生するため、初期は自覚症状がないことがほとんどです。

 

前立腺がんの進行に伴う症状

・早期がん

 

前立腺がんの約7割は前立腺の外腺部に発生するので早期には全く症状が現れません。内腺部に発生すると早期より前立腺肥大症という気を、合併する場合があります。

 

・局所進行がん

 

この進行がんは、前立腺肥大症と同様な症状が見られます。前立腺が尿道を圧迫するとこのような症状が出てきます。

 

・尿の回数が多い(特に夜間の)
・尿が出づらい
・尿がタラタラ垂れる
・尿線が細く排尿に時間がかかる

 

がんが尿道を始め射精管、勃起神経にまで及ぶと血尿や血精液(精液が赤い)、勃起障害なども出てきます。

 

・進行転移がん
前立腺がんはリンパ節と骨に転移しやすいがんです。リンパ節に転移すると下肢のむくみが、骨に転移すると痛みや下半身の麻痺があります。

 

 

前立腺がんの原因

前立腺がんの直接的な原因はまだ明らかにされていませんが、リスク要因として前立腺がんを患ったことのある方が家族にいるかどうかや、高年齢などが考えられます。

 

肉類、高脂肪食など生活習慣の欧米化、肥満、食品、喫煙なども調査されていますがまだはっきりと明らかにされていません。

 

前立腺がんの一般的な治療法

治療法は、患者様の状態や年齢、希望なども含め検討し、担当医と一緒に決めていきます。年齢、性別、生活環境、どのくらいQOLを保ちたいかなどが考慮されます。状況によっては集学的治療と言って、2つ以上の治療を組み合わせることもあります。

 

前立腺がんの主な治療法を見てみましょう。

 

①監視療法:

前立腺生検で発見されたがんの経過観察をする方法です。治療開始の是非、余命に影響があるかどうかを調べます。通常3~6ヶ月を目安とし、がんの兆候が見られたら治療に進むことを検討します。

 

②フォーカルセラピー(Focal therapy):

監視療法と3大療法(手術・放射線治療・薬物療法)の中間にある治療です。まだそれほど大きくなっていないがんを早めに取り去り、正常な機能を残していく方法です。病巣を特定して集中的に治療する方法と、治療の必要性が低い部分を温存するという2つの方法があります。まだ十分な根拠が認められた治療法ではありません。勧められた際は十分に下調べをしましょう。

 

③手術:前立腺がんの手術には4種類あります

ⅰ) 開腹手術(恥骨後式前立腺全摘除術)
ⅱ) 腹腔鏡手術(腹腔鏡下前立腺全摘除術):腹腔鏡手術は、小さな穴を開けて、炭酸ガスで腹部を膨らませて空洞を作り、そこに専用のカメラを入れて手術を行います。
ⅲ) ロボット手術(ロボット支援前立腺全摘除術):微妙な手の動きを調節しながら、拡大画面で手術ができます。ロボット手術は、開腹手術に比べると傷を小さくとどめることが可能です。腹腔鏡手術と比較しても合併症からの回復が早いのが利点です。

 

④放射線治療:

病巣に放射線を当てていく治療です。手術と同じくがんだけを治療する局所療法の一つです。がん細胞の遺伝子に傷をつけ、がん細胞を消滅させることができます。

 

手術と比較して肉体的な負担が少なく、腫瘍を温存しながら治療をします。通院しながら治療をすることができるのも患者様や患者様の家族にも負担が少ないです。

 

⑤抗がん剤療法(ホルモン療法):

前立腺がんは、精巣や副腎から分泌される男性ホルモンであるアンドロゲンが活性化することで進行することがあります。内分泌療法は、アンドロゲンの分泌を妨げる薬を使って進行を抑制します。内分泌療法は、手術や放射線治療を行うことが難しい場合、また放射線治療の前後にがんが他の臓器に転移した場合に選択されます。

 

ホルモン療法は治療法として有効ですが、アンドロゲンが抑制されると骨密度が低くなるリスクがあり、それが骨折などにつながることもあります。担当医に確認して納得した上で治療を進めましょう。

 

前立腺がんが骨転移した場合

前立腺がんは骨転移する可能性を孕んでいます。

 

※骨転移:がん細胞から伝達物質が出て、破骨細胞が骨を壊します。骨が回転したり骨が壊れていくのをそれぞれ特殊な薬剤を使用して抑制していきます。

 

前立腺がん治療は手術、放射線療法、薬物療法などを組み合わせる集学的治療を選択することが可能です。もし骨に転移してしまっている場合は、状況に合わせて治療を組み合わせます。転移があったり、ホルモン療法が効かない状況になっても生存期間を延ばすことも可能です。

 

免疫療法を検討しましょう

前立腺がんの術後患者様の5年、10年生存率はほぼ100%という数値が出ています。がんの中では生存率がかなり高いと言えるでしょう。術後他の病気にかからなければ長生きできるという意味でもあります。そのため術後からQOLをいかに良い状態で保っていくかが重要です。

 

前立腺がんは術後の合併症に尿失禁を発症することを念頭に入れておきましょう。手術の際、尿の排出を調節する筋肉に傷が入ることで尿道の締りの機能が落ちることがあります。それによって、例えば咳をしたり重いものを持ったりくしゃみをした時に尿が漏れることがあります。

 

個人差がありますが、免疫療法は治療中であれば治療中の薬などによる副作用を緩和すると言われています。それは免疫に働きかけて体の免疫力をアップさせることができるからです。術後のQOLを保つため、また合併症が起こったときに症状を緩和するためにも免疫療法は活躍します。

 

前立腺がんの発症を抑えるための食事

前立腺がんはホルモン療法となることが多いです。肝機能障害や脂肪肝などを併発することで、新しいホルモン療法や抗がん剤が使えなくなることがありますが、そうなってしまうと致命的です。このことを避けるために、食事はバランスよく正しく摂取し、体調管理をすることが大切です。

 

他のがん同様に、前立腺がんでも原因の一つに食事の欧米化が挙げられます。肉中心で野菜をあまり食べないなど偏った食生活をしているのであれば、予防のためにも和食中心にしていきましょう。

 

 

 

早期発見、予防のためにPSA検査

前立腺がんは気がつくと骨転移していた、などのケースが多く、非常に発見しにくいがんです。しかし、40歳以上になったくらいから定期的に検診を受けることで発症を防ぐこともできると言えます。前立腺がんの検査に使用されるPSA検査はかなり高精度になってきており発見がしやすいと言われています。

 

前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSAは泌尿器科だけでなく、他の検診でも受けることができる簡便な血液検査です。欧米の研究によると、この検査により死亡率の低下が報告されています。日本泌尿器科学会でも50歳以上の男性に対するPSA検査を推奨しています。

 

しかし、日本においてこの検査の受診率は極めて少ないのが現状です。前立腺がんになると膀胱機能に支障が出るような合併症も起こりやすく、また子供を望んでいる男性には障害となることもあります。

 

男性の方で、もし少しでも気になる症状があれば早めに医療機関を受診して定期的に検診を欠かさないようにしましょう。

 

医療ライター。
医薬系会社にて医療事務に従事する傍らで、美容系サイトにて痩身美容(脂肪吸引など)ついて執筆するフリーライター。
主に得意分野は、がんや免疫療法、経営者インタビュー記事作成など。

がんに勝つ免疫療法

がんに打ち勝つための免疫療法の取り入れ方を専門家が無料でお教えします。

がんの免疫療法完全ガイドとは?
https://menekiryoho.com/cancer/

▼いますぐ内容をご確認頂きたい方はこちら▼

がんの免疫療法完全ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事