子宮頸がん 軽度異形性

 

 

子宮頸がん頸部異形成とはどのような状態なのでしょうか。子宮頸がん検査の結果は大きく分けて、正常、異形成、がんと分類されます。「異型性」という言葉は聞きなれないと思いますが、進行するにつれでどのような状態になるか、どの状態になると具体的に治療になるのかなどを見ていきましょう。

子宮頸がん異形性のクラスや症状

子宮頸がんの罹患率と子宮頸がんについて

人口動態統計2014年の調査では、子宮がんの罹患数(発生の数)は年間約25,200例で、このうち子宮頸がんが約10,900例、子宮体がんが約13,600例と言われています。子宮がんの死亡数は年間約6,400人で、このうち子宮頸がんが約2,900人、子宮体がんが約2,200人、その他の子宮がん(部位が明確ではない)が約1,300人となっています。子宮頸がんの早期の段階での治療法は手術がメインになります。状態によって手術の方法が変わりますが、円錐切除術 (子宮頸部の組織を円錐状に切除する) や、準広汎子宮全摘出術( 単純子宮全摘出術、子宮、腟、基靭帯の一部を切除する)、広汎子宮全摘出術(子宮、腟の一部、基靭帯、リンパ節まで及んで取り除く)などがあります。もし将来妊娠を希望しているのであれば手術方法について医師と十分話し合って納得した上で進めていくことが大切です。

 

子宮頸がん異形性

子宮頸部異形成の状態から子宮頸がんに進行するには、軽度異形成→中等度異形成→高度異形成→上皮内がん→浸透がんという段階を経ると分かっており、下記の図のようにそれぞれ状態が変わってきます。

クラスⅠ

(陰性)

クラスⅡ

(陰性)

クラスⅢa

(疑陽性)

クラスⅢb

(疑陽性)

クラスⅣ

(陽性)

クラスⅣ

(陽性)

正常 炎症はあるが正常 軽度-中等度の異形性 高度異型性 上皮内がんとみなされる 浸透がんとみなされる
   

がんではない

がん

ステージ0期

ステージ

Ia期以上

   

CIN1(軽度異型成) 

→60%が1年~2年の間で自然消失、10%は進行

CIN2(中等度異形成)

→40%は1年~2年の間で自然消失、20%は進行

CIN3(高度異形成)

→20%は1年~2年の間で自然消失、30%は進行

   

参考:http://women.benesse.ne.jp/healthcare/pc/static/calendar/calendar47_02.html
※がん化の一歩前の病変は、CIN(Cervical Intraepithelial Neoplasia)と呼ばれます。

上記で最も注意しなければいけないのがクラス3と診断された場合です。クラス3はがんかどうか判別しにくいグレーゾーンの状態で、がんではないけれどがんに向かって進んでいる可能性のある状態です。細胞の形や強さの状態によってクラス3a、クラス3bと分けられます。軽度から中等度の段階では、細胞の変化や進行を止める治療法が特になく、そのため検診の頻度を増やし経過観察するしかありません。高度異形成になってくるとがんの一歩手前手処置が必要になるため、がん化の進行を止めるために円錐切除(子宮頸部を円錐状に切除する)などの手術を行うのが一般的になっています。

 

異形成の症状

異形成の段階では症状がなく、出血や痛みなど目に見える変化がありません。しかし、異形成が発生すると同時に、もともとあった性病や膣炎などが原因でおりものが増えたり、不正出血の症状が出てきたりします。異形成が進んでがん化し、上皮内がん、浸潤がんとなると骨盤の痛み、足のむくみ、不正出血などが症状として現れます。

 

クラス3a軽度異形性の自然治癒

軽度異形成の状態というのはは子宮の出口に強い炎症がある状態ですが、感染による一時的な炎症であるとみなされることがあります。結果的に8割の方が後日自然にクラス1、2にと診断されることも多いようです。ですが一度クラス3aと言われたらがん化する可能性もないとは言えないため、油断せずに3ヶ月くらいを目処にサイド検診を受けましょう。

 

軽度異型性の原因

軽度異型性の原因は先ほど述べたようにHPV(ヒトパピローマウィルス)が原因とされています。HPVは主に性交渉によって感染し、性交渉経験がある8割の女性が50歳までに一度は感染するほど、特別ではないありふれたウィルスです。異形成もがんも同じように子宮の入り口(頸部)がHPVのウィルス感染から発症しますが、異型性はがんとは違い良性腫瘍です。そのため、HPVに感染した子宮頸部であっても免疫力が強ければHPVを排除する力があります。無事に排除できれば細胞は正常な状態に戻っていきます。クラス3aと診断されても数ヵ月後にはクラス1,2の状態に戻ることがあるというのはそのためです。

 

検診と治療法

検診

異形成を確認する診断は下記の2つがあります。
① 細胞診 : 子宮腟部から子宮頸部全体をブラシ、へら、場合により綿棒により細胞を採取し、顕微鏡で診断をする方法です。※細胞診は子宮がん検診でも必ず行われます。結果は1~2週間後にわかります。
② コルポスコピー診 : 子宮の入り口粘膜の表面を拡大し、細かい部分を観察します。この検査は唯一、異形成や初期子宮頸がんをリアルタイムに検出する方法です。

また、がんと分かればこの後にMRIなどでどの程度広がりがあるか、転移はあるかどうかを確認します。

治療法

前述の通り、異形成の軽度に対する治療法は特にありません。中等度以降では高度異形成、上皮内がん→浸潤がんへと変異する可能性があるため、定期健診、経過観察に加え、レーザー蒸散治療も選択肢としてあります。主治医の判断によりますが、軽度でも病状が長年続く場合も考慮されます。この治療では病変部に対し数ミリの深さで蒸散させ、がんの進行を阻止します。 麻酔も入院もせずにすみますし、また治療後の痛みもそれほどありません。また、妊娠や出産の影響もほとんどありません。初回治療での治癒率が見込め、その割合はだいたい8割と言われています。

 

 

軽度異形成が妊娠中に発覚したら

軽度異型性のクラスであれば妊娠や出産に影響ありません。また、HPVも妊娠中の赤ちゃんへの感染、出産時の産道感染の心配はありません。

 

予防

検診による予防

異形成が見つかりがん化を予防する方法子宮頸がんの予防には下記の通り2つの方法があります。
① 子宮頸がんワクチン:ワクチンを打つことにより、16型、18型(がん化の原因の約7割となる型) というがん化するスピードの速いHPVの感染を予防できます。ですがこの2つの型以外にもがん化するものがありますのでワクチンを受けると同時に検診を受けることが大事です。がん化していない方は1年に1回、異形成をお持ちの方は3~6ヶ月に1が目安になります。) がんになる前の異形成や上皮の中にとどまっている段階で見つけられれば、子宮を失うことなく治癒が可能です。
② HPV検査 : HPVに感染しているかどうかを調べる検査です。この検査ではどのHPVに感染しているかの型まで調べることが可能ですが、陽性か陰性かを判断するだけであれば1000~2000円程で受診ができます。もしHPVが陽性の場合細胞診で異常なしでも既に異形成ができているということなので、その次に精密検査を勧められることがほとんどです。

 

子宮頸がんワクチンの最近の動向

実際のところ、日本における子宮頸がんワクチンの接種はそれほど活発に行われていません。2013年4月、小学校6年生から高校1年生の女子を対象とする定期接種が厚生労働省から推進されてきましたが、摂取後に体調不良を訴える方が多く、積極的に推進することを止めました。副反応としては人によって様々で軽いものから重篤なものがあります。発熱、接種部位の腫れなどが軽度の症状で、重篤なものになるとアナフィラキシー(重いアレルギー)、急性散在性脳髄膜炎(意識低下などの脳神経の疾患)ギランバレー症候群(手足の痺れ、麻痺)、が上げられます。しかし頻度としてはだいたい100万~400万回の接種に1回起こります。また、複合性局所疼痛症候群を発症し歩行困難になったケースもニュースで報道されました。これが起こるのも820万回に1回とされています。このように一部の重篤なケースが取り上げられ目立ってしまい、自分にも起こるのではないかと心配するかもしれませんが、このワクチンの接種後多大な数の子宮頸がんの予防、子宮頸がんの死亡が回避できているのも事実です。もちろんワクチンを接種することに越したことはありませんが、どうしても副作用が心配な方は医師に相談して納得した上でワクチンを受けましょう。

 

免疫療法

上記に述べたように、子宮頸がんの異形成はHPVの感染によって引き起こされ、この感染は免疫力の低下により悪化させていきます。軽度異形成の段階では経過観察が主流で特に治療法がない中、免疫の力をつけることが大きなカギとなってきます。免疫療法とは人間の体に本来備わっている病気を防ぐ力を最大限に引き出していき、免疫低下に訴求する治療法です。がんの場合免疫療法は化学療法の副作用の軽減に貢献したり、免疫力そのものを上げてがんに打ち勝つ体を築いていくことに使用されます。異形成が発覚しても「軽度のうちに潰しておこう」という対応ができない中で、免疫療法は早めに進行を食い止める方法として検討されるのも良いでしょう。

 

日常生活で気をつけること

免疫の低下だけではなく、欧米の食習慣が広まったことによる動物性の脂肪の摂取が原因とされているように、動物性の高脂肪、高たんぱくにかたよった食事、喫煙なども一部で子宮頸がんの原因と言われています。このことは子宮頸がんの前段階である異形成の原因ともなりうるため、バランスの良い食事、野菜を多く取り入れた食事、適度に運動をするなど、健康的な生活をしていきましょう。

 

さいごに

子宮頸がんは、検診によって初期の段階で発見されることが多いがんの一つで、またワクチンにより予防が可能な唯一のがんです。また、早期に発見すれば比較的治療しやすく予後のよいがんです。そのため異形成を早めに見つけることが重要になってくるため、毎年検診を受けることが回避の第一歩です。子宮頸がんの検診はほぼすべての市区町村で、20歳以上の女性が、2年に1回の子宮頸がん検診を無料から1500円程度の自己負担で受けられます。ですが、医療機関により精度にばらつきがあるとも言われており、正確さは6~7割ほどと言われています。毎年検診を受けて問題が無いと言われていたのに、既に浸潤がんにまで進行していて、亡くなる人もいます。そのためもし軽度異形成が見つかったら可能な限り、がんの専門クリニックや専門医のもとで検診も受け、また免疫療法も活用して早めに対策を打っていきましょう。

 

ライター 吉田あや

医療ライター。
医薬系会社にて医療事務に従事する傍らで、美容系サイトにて痩身美容(脂肪吸引など)ついて執筆するフリーライター。
主に得意分野は、がんや免疫療法、経営者インタビュー記事作成など。

がんに勝つ免疫療法

がんに打ち勝つための免疫療法の取り入れ方を専門家が無料でお教えします。

がんの免疫療法完全ガイドとは?
https://menekiryoho.com/cancer/

▼いますぐ内容をご確認頂きたい方はこちら▼

がんの免疫療法完全ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事